BOYS AND MEN(通称:ボイメン)の沼にハマった話。

アイドルを追いかける生活からしばらく離れていたわたしが、やっぱりちょろすぎて楽しすぎて面白くなってきたから文章として残してみることにした。

(あとあと読み返して鳥肌止まらなくならないかが心配ではある。


 

この記事を要約すると、BOYS AND MEN(通称:ボイメン)を知った直後に自ら沼にダイブした結果、想像以上に沼が深くて溺れるのを現在進行形で楽しんでるよっていう話だから大したオチはありません。

 




 

 

遡ることつい2週間程前。

(なんで連絡をとったのかは忘れたけど)久しぶりに友人と連絡をとったら「いまボイメンにはまってて今日もイベントがあって…」『どこで?』「○○」……すぐそこ!!!

から、特技のフッ軽を発揮。

 

純粋に友人に会いたかったからイベント会場までとりあえず行く

せっかくだしっていうよく分からない理由でCDを買う(今思うと、この軽率な行動からすべて始まってる)

CD1枚買ったら握手券がついてくる(!!)

会場に貼られているパネルの中から最も顔が好みな人の色の名前を友人に教えてもらう

無事に握手会に参加。

 

ここまで多分1時間くらい。




 

10秒話せるって言われたけど、10秒も何話すの??ていうかわたし友人から聞いた名前以外の情報何も知らないんだけど?!!!って頭の中グルグルしている間にもうわたしの番が来てて



『あの、友達に連れられて、ボイメンはじめて来ました。』

「そうなん?ありがとう~なんで(自分のところに)来てくれたん?」






 

『…顔で選びました!!!!』


 

……え?!!?くっっっっそ失礼じゃない?!!????!?!!!(土下座)

なんていうか思ったことスルッと…スルッと口に出しちゃったんだけど、そのあとの返しが


 

「え、ゆーちゃむだった?1番だった??(キラキラの笑顔)(なんなら後光差してた気がする)









 

そのあと二言くらい話したんだけど、そんなことより1人称が「ゆーちゃむ」って知らないからゆーちゃむって誰?!だし、最後に両手でハイタッチしたんだけどそのまま指絡められてなんだこれは?!?状態だし、それよりなにより至近距離で見たらパネルなんかより本物は何百倍もイケメンで心が潤ったんですわ。

(※『黄緑がいい!』「じゃあ小林だね」って教えてもらい、おにーさんにも『○部の小林君でお願いします』って言ったから脳内にゆーちゃむのゆの字もなかった)







 

で、帰宅してから某動画サイトで色々PVを漁りまくった結果

 

『『ライブに行きたい。』』

 

クラウチングスタートで沼に突っ込む準備完了。




 

友人から「ボイメン」っていうワードを聞いた直後は、エンターテイメント集団ってなんだよ?だし、町おこしお兄さんってなんだよ?だしシンプルに男性アイドルグループじゃダメなのかよって心の中で思ってたんですけど。なんなら散々イ◎ンモールで見かける時期があったのに当時は一切心揺さぶられなかったんですけど。

……好きになったら一瞬で転げ落ちるもんだね!!みんな気を付けて!!!!!(笑)

 









 

そのあとのことを話すとセンチュリーのチケットを必死に探して、定価で譲ってくれる女神に出会い、10人でのパフォーマンスを見た結果「平松賢人くん」という天使を見つけ、次の日の一宮でのリリイベに行き、めざましライブに行き、デリシャカスに行き。

今現在ボイワと合唱部のチケットを買って沼で大はしゃぎしてるよ!!!!!!ちょろい


 

ちなみに初めて接触したゆーちゃむこと小林豊さんのことも大好きだし、なんなら他にも魅力を感じ始めている人が居るけど、推しが決められない~~~~~~って悩んだ結果とりあえず推ししてみようっていう結論に至った。


 

わたし!ボイメンの!

黄緑と黄色推しはじめました!!!!!!



 

 


今後のわたしがわたし自身楽しみだよ…(遠い目)

人生を楽しくしてくれてありがとうボイメン(重い)



と、ここまで書いてからわたしにはやっぱり140文字の世界が向いているなと思ったから次回があるのかは怪しい。長文書くの難しいな